評論

ビジネス

【書評】「新しい経営学」でビジネスモデルの構築の知識に種を撒け【要約】

経営コンサルタントをされている方や、実際に起業をされている方にとっては、「自社のビジネスモデルを理解して、勝てるビジネスに常に変えていく」必要がありますよね。今回は、「経営学・ビジネスモデル」とは何か、改めて一から勉強できる本、「新しい経営学」を書評・要約していきます。「新しい経営学」は、経営学とビジネスモデルというものを、楽しく、わかりやく、実践的に使えるフレームワークを授けてくれます。ぜひ「経営目線をもっと養いたい」という人は、参考にしてみてください。
ビジネス

【書評】「イノベーションのジレンマ」に見る組織と新規事業の落し穴【要約】

今回は、クレイトン・クリステンセンの「イノベーションのジレンマ」の書評と要約になります。突然ですが皆さん、iPhoneっていつ頃から使い始めましたか?気づいたら広まっていたような気がしますよね。なぜ、日本のリーダー的な大企業がこれらのサービスをやっていないのでしょうか?今回は、「なぜ日本の大企業ではなく、スタートアップがイノベーション(技術×市場で新しい価値・事業を生み出す)を起こしているのか?」という問いに一つのヒントを与えてくれるこの本を紹介します。
ライフハック

【書評】「エフェクチュエーション」で学ぶ起業と未来創造の本質【要約】

今回は、「熟達した起業家に共通した原則」と、「起業家の行動様式から発見された世界の見方」を学べる本をご紹介します。その本とは、サラス・サラスバシーの「エフェクチュエーション 市場創造の実効理論」です。最近はユニコーン企業を増やそうとか、オープンイノベーションという言葉が声高に叫ばれていますよね。それに関連して、起業家・新規事業をいかに育てるかは喫緊の課題です。今回はこちらの本を書評・要約・感想していきます。
スポンサーリンク
ビジネス

【書評】「OPENNESS(オープネス)」で学ぶ潜在問題の顕在化

突然ですが、仕事をしていると、こんな「空気」を感じることはありませんか?「上司に意見が言いづらい、相談しづらい」「ミスをしたが、怒られるから嘘をついてしまった」「経営者や部長のことが信頼できない」こういう「空気」を感じてしまうと、信頼して仕事ができず、思ったように成果を発揮できないですよね。こんな話、意外と友人から聞きますし、いわゆる「あるある」ネタじゃないでしょうか?今回は、そんな日常生活はもちろん、職場で感じる「空気」が、普段のパフォーマンスに影響することを書いた本をご紹介します。その名も、【OPENNESS 職場の「空気」が結果を決める】という本です。
ビジネス

【書評】「世界倒産図鑑」で、思い込みの脅威と決断のルールを捉える。

今回は、世界の栄華を極めた企業の倒産の理由を分析した本、【世界「倒産」図鑑】のご紹介です。「倒産」と聞くと、「経営者じゃないと関係ないかな」とか、「ビジネスにそこまで興味ないし」とか、思ってしまう方もいるかも知れません。しかし、「倒産」を「失敗」と捉え、自分が失敗しないための参考にしようとすると、「挑戦をするすべての人」に関係すると言えます。それでは、経営・ビジネスにおいても、人生の重大な場面での意思決定にも、その失敗が参考になる【世界「倒産」図鑑】を書評していきます。
ソーシャル

【感想】「家族を想うとき」から、構造的な暴力と貧困を考える。【2019おすすめ映画】

ケン・ローチ監督の最新作「家族を想うとき」という映画を見ました。「家族を想うとき」は、GAFAが生み出す格差を代表に、現代社会の貧困や家族の悩みを考えさせる映画で、かなりおすすめです。皆さん、家族と対立したり、電車で知らないおじさんに突っかかられたり、会社で辛い目にあったり、社会でうまく行かないことって多いですよね。そんな「なぜかうまく物事が運ばない」ときに、この映画の学び「構造的な暴力」が勉強になります。今回は、「家族を想うとき」の感想を書きながら、「思うように行かない」という状況に対する分析方思考を学びたいと思います。
ビジネス

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツから、マクドナルド繁栄に迫る【感想】

突然ですが、誰もが知っている企業やビジネスの成り立ちって意外と知らないものですよね。他方で「誰もが知っている企業を作れ」なんて、言われたら難しすぎて頭抱えちゃいますよね。ただ、世界中に名を馳せる企業は、その優秀な経営者やビジネスモデルによってそれを実現しているのです。特に皆さんご存知のマクドナルドの成り立ちは、非常に興味深いものがあります。今回は、それに関連して、マクドナルド創業のドキュメンタリー映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」を見たので、下記の学びと感想をご紹介させていただきます。
評論

【書評】「コーポレートアクセラレーター」で学ぶ、新規事業の共創【感想】

さて、今回は転職活動の一環で、コーポレートアクセラレーターという仕事に出会いました。その際に、「コーポレートアクセラレーターとは何たるか」を学べる本を紹介いただいたので、書評をしていこうと思います。その本とは、「オープンイノベーションの最強手法コーポレートアクセラレーター」です。こちらの書評からは、下記の内容が学べます。 日本に「アクセラレーションプログラム」が必要な理由 新規事業創造を担う、「アクセラレーター」という仕事について 新しい選択(新規事業)に正解はなく、正解にしていく覚悟が重要。 なんとなく、「今の会社の成長が止まっている」だとか、「いつも変わらない仕事で飽きてしまっている」なんて方には、その現象の理由を知れる記事になるでしょう。
ライフハック

【書評】「時間は存在しない」で養う、常識を疑う思考力

皆様、突然ですが、我々が当たり前と考えている「時間」の存在を証明することは出来ますか? 当たり前に考えている「時間の存在」ですが、そんな我々の常識を根本から揺さぶる本に出会いました、「時間は存在しない」という本です。今回は「時間は存在しない」の感想と書評を書きながら、次の学びをお伝えしたいと思います。物理学で測れる水や火などのような、「絶対的なモノとしての時間」は存在しない。時間は、「エントロピーの増減」と「我々の記憶」によって初めて、認識できる。「時間の存在のような真理、常識、当たり前」はいつも誰かに作られている。盲目は知性を濁らせる。幸福は思考と疑問の先にある。
ビジネス

【感想】「マンガでやさしくわかる起業」で、起業への敬意と生存戦略を学ぶ。【書評】

今回は、「マンガでやさしくわかる起業」を読んで、学んだ感想をお伝えしたいと思います。さて、突然ですが、あなたは起業3年後の事業の生存確率はご存知でしょうか?起業というと、キラキラした華やかなイメージがあるかもしれませんが、その裏側の現実にはサラリーマンからすると非常に勉強になるものがあります。そして、こちらの問に関連して、「マンガでやさしくわかる起業」からは起業に関する下記のような現実とそちらへの対策を学べます。「起業」における厳しい生存確率の現実と、それへの敬意「起業」をする際に「生存確率を高める手順・戦略」「起業戦略」から見る生存事業の社会的な価値
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました