ライフハック

【書評】「時間は存在しない」で養う、常識を疑う思考力

皆様、突然ですが、我々が当たり前と考えている「時間」の存在を証明することは出来ますか?「え?時計が進んで時間を数えてるじゃない。」、「いやいや、過去の記憶とかあるから時間は流れてるでしょ?」、こんなことを思うのではないでしょうか。しかし、そんな我々の常識を根本から揺さぶる本に出会いました、「時間は存在しない」という本です。
ビジネス

【感想】「マンガでやさしくわかる起業」で、起業への敬意と生存戦略を学ぶ。【書評】

今回は、「マンガでやさしくわかる起業」を読んで、学んだ感想をお伝えしたいと思います。さて、突然ですが、あなたは起業3年後の事業の生存確率はご存知でしょうか?起業というと、キラキラした華やかなイメージがあるかもしれませんが、その裏側の現実にはサラリーマンからすると非常に勉強になるものがあります。そして、こちらの問に関連して、「マンガでやさしくわかる起業」からは起業に関する下記のような現実とそちらへの対策を学べます。「起業」における厳しい生存確率の現実と、それへの敬意「起業」をする際に「生存確率を高める手順・戦略」「起業戦略」から見る生存事業の社会的な価値
ビジネス

「転職と副業のかけ算」が教える「副業=己の強み×市場ニーズ」の方程式【書評】

最近、副業や脱社畜、勤め人卒業などという言説が一部で流行っていますね。会社だけの経済的基盤に依存しないという点は非常に同意できる部分ですが、今の仕事が嫌だからといって、副業しよう!なんて考え方はうまくいかないかもしれません。そんな本業と副業のバランスや組み立て方を教えてくれる人がいます、そう「moto」さんです。
スポンサーリンク
ソーシャル

【プロボノ】ファンドレイジングの営業要点は持続可能な経営との結びつけ【サービスグラント・東京・感想③】

今回は、ファンドレイジングの営業資料を作る上で、何を重視して作る必要があるのかというポイントを、プロボノワークの中で学んだので、ご説明します。◆本記事からの学びファンドレイジングの営業資料の目的の重要性ファンドレイジングの営業資料の効果的な構成ファンドレイジングの営業資料に載せるべき情報・ストーリーとは?
ビジネス

【Voicyカタリバ】荒木マスター公開収録から学ぶ「コミュニティの本質」

2019年の10月8日に、音声スタートアップのVoicyの番組である「荒木博行のbook cafe」の対談イベントに参加してみました。今回は、荒木マスターのファンという参加理由もあるのですが、「コミュニティあるべき姿とは何か?」を知りたいと思い、参加してみました。「コミュニティ」のあり方に興味を持ったのも、最近のトレンドである、オンラインサロンの注目が一つあります。
ビジネス

「僕らはSNSでモノを買う。」から学ぶ「真のフォロワー」の増やし方【書評・感想】

情報を届けるための手段として、「SEOやウェブライテイング等を理解してきた、しかし最近はSNSで検索される方も多く、SNSでどう集客したら良いかわからない」といった悩みがありませんか。特にネット上のインフルエンサーの方々も、これからはSEO+SNSマーケティングだとよく主張しています。
ビジネス

【外資系】目的・目標達成のためのKPIの立て方【おすすめ設定方法】

今回は、目標管理の一例として、外資系で働く私がいつも営業の売上(KGI)を達成するために、どのように目標(KPI)の立て方を考えているのか、また、その管理の方法をどのように考えているかを、お話ししたいと思っています。
ライフハック

1日3GB→2GBで速度制限、サービス悪化の縛りなしWiFiを解約!FUJIWiFiに乗り換えます。

縛りなしWiFiというWi-Fiサービスを利用していたのですが、先程解約しました。縛りなしWiFiは、以前こちらの記事で絶賛していたのですが、8月からサービスの悪化が目立ってきていました。なんと、契約内容・提供サービスが契約者に通知がないまま、内容が勝手に変わってしまっていたのです。
ビジネス

【外資系流】「人を動かし、感動させる」誰でもできるパワポ・プレゼン資料の作り方

最近、部署異動あって、新しい仲間たちに「プレゼンがわかりやすい」と評判を頂いております。「どうしてそんなにプレゼンが上手なんですか?」と最近、後輩からも聞かれることもあり、実際に教えることもありました。なので今回は、外資系流のプレゼン資料・パワポ資料の作り方を皆さんに共有したいと思います。良いプレゼンをするためには、良いプレゼン資料の作る必要がありますので、最高の資料を一緒に作りましょう。
ライフハック

【感想・考察】中国SF小説「三体」と共に想像力の限界を突破しよう【書評・まとめ】

今回は中国でバカ売れしているSF小説、そして日本でも翻訳されバカ売れしているSF小説「三体」の感想を述べたいと思います。この「三体」、バラク・オバマ前大統領、Facebookのマーク・ザッカーバーグCEO、ジェームズ・キャメロン監督などが絶賛の感想を送っているそうです。またこの「三体」、SF界隈でどれぐらい凄いかと言われていると、ハイパー名作SF小説の「星を継ぐもの」にも匹敵すると言われているそうです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました