【TEDトークまとめ】アダム・グラント:創造的な人間の条件とは?【3分で分かる!】

Pocket

アダム・グラントのTEDトークから学ぶ創造性

スポンサーリンク

アダム・グラント氏「先延ばしは生産性の面では悪徳だが、創造性の面では美徳である。」

TEDトーク:創造性は、先延ばしの中で生まれる。

こんにちは、17卒社会人の外資系営業マンのたーとむ(@tartom7997)です。

皆さんは、仕事をパパっと仕上げる派ですか?それとも中々手をつけられない派ですか?

「先延ばしは生産性の面では悪徳だが、創造性の面では美徳である。」

アダム・グラント氏のTEDからの名言です。

アダム・グラント氏は全米でトップのビジネススクール、「ウォールトン校」の史上最年少終身教授で、組織心理学者だそうです。

彼のTEDトークで面白いこと聞きましたので、皆さんにも共有させていただきますよ。

さて、皆さんの仕事のスピードは早いほうですか?遅いほうですか?

また、独創的なアイデアは思い浮かぶ方ですか?思い浮かばない方ですか?

面白い研究結果があります、下の画像を御覧ください。

早く仕事をすれば、創造的ではなくなり、遅く仕事をしすぎても創造的ではなくなるのです。

創造的な仕事をするには、早く仕上げすぎてもダメで、適度に時間をかけて、検討することが大事とは、目から鱗です。

スポンサーリンク
PCレクタングル(大)

アダム・グラント「キング牧師から学ぶ創造性」

突然ですが、質問です。

マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの伝説の演説の台本は、前日までにしっかり完成していたと思いますか?

こちらも興味深い話ですが、キング牧師のあの名演説、I have a dream.、はアドリブだそうです

彼は当日の朝3時まで、台本に手を加えていたのです。

さすがにおそすぎだろって感じもありますが、適度な遅延、検討はこのように素晴らしい作品を生み出すのだそうですよ。

アダム・グラント「創造性はアウトプットの数に比例する。」

アダム・グラント氏からの創造性へのアドバイスとして、「仕事のアウトプットは失敗を恐れずたくさんしましょう。」というものがあります。

これについて、一つ面白い話があります。

こちらの画像は、著名な音楽家の作曲数と名作数の比例分布になっています。

多くの作品を作れば作るほど、名作の数は比例して増えていくのです。

当たり前と言ったら当たり前で、こちらの結果はそこまで驚くべきものではないかもしれません。

しかし、改めて、多くの練習・アウトプットの重要性を教えてくれる事例でしょう。

TEDトーク:アダム・グラントから学ぶ創造性

TEDのアプリ、非常に勉強になり、ハマりそうです。

TEDでは、一流の人々の本質的なプレゼンテーションが無料で聞けてしまう。

食事の合間とかに見ると人生変わりそうですね。

今回はこれでおしまいです。また気に入ったTEDトークがあったら、皆さんに共有しますね。

スポンサーリンク
PCレクタングル(大)
PCレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする