書評

ビジネス

【書評】「STARTUP STUDIO」と新たな課題解決の社会実装

今回は、STARTUP STUDIO 連続してイノベーションを生む「ハリウッド型」プロ集団という本を書評します。本書ではスタートアップスタジオを下記のように定義しています。”スタートアップスタジオとは、同時多発的に複数の企業を立ち上げる組織である。” 世界でもすでに200以上のスタートアップスタジオが欧米を中心に存在しておりまして、このスタートアップスタジオがどのように社会を変えていくのか、考えてみたいと思います。
ビジネス

【書評】「OPEN INNOVATION」で疑う会社経済の形骸化

「オープンイノベーションって自社でなんかやってたっけ?」と思う人も多いのではないでしょうか?今回はその理解を深めるために、ヘンリー・チェスブロウ氏の「OPENINNOVATION ハーバード流イノベーション戦略のすべて」を書評していきます。
ビジネス

【書評】「成功するアライアンス」で学ぶ計画と現場の実践バランス【要約】

現職では、アクセラレーターの運営だけではなく、スタートアップと中小・大企業のソーシングやアライアンスをサポートすることがあります。今回は、そのアライアンスの基礎知識の振り返りのために、「戦略策定・交渉・契約・実行がわかる 成功するアライアンス 戦略と実務」という本を書評してみます。
スポンサーリンク
ビジネス

【書評】「両利きの経営」で学ぶ新規事業とイノベーションの失敗原則【感想】

今回は、私のアクセラレーターでの現場感覚に加えて、「両利きの経営」の書評を通して、新規事業を生み出す組織について考えてみたいと思います。大手企業さんのイノベーションや新規事業開発のお手伝いをしている中で、「どうやったら新規事業を作れるような組織になるんだろうか」というお悩みを多くいただきます。この悩みに対して、「両利きの経営」からは、科学的な絶対解をすぐ出すことはできませんが、失敗する組織の原則は学ぶことができます。
ビジネス

【書評】「新しい経営学」でビジネスモデルの構築の知識に種を撒け【要約】

経営コンサルタントをされている方や、実際に起業をされている方にとっては、「自社のビジネスモデルを理解して、勝てるビジネスに常に変えていく」必要がありますよね。今回は、「経営学・ビジネスモデル」とは何か、改めて一から勉強できる本、「新しい経営学」を書評・要約していきます。「新しい経営学」は、経営学とビジネスモデルというものを、楽しく、わかりやく、実践的に使えるフレームワークを授けてくれます。ぜひ「経営目線をもっと養いたい」という人は、参考にしてみてください。
未分類

【書評】PIXAR〈ピクサー〉で学ぶジョブズとレビーの中道経営【感想】

実は、PIXAR〈ピクサー〉ですが、1986年にスティーブ・ジョブズに買収されており、80年代後半は、今の姿も想像できないほどの赤字を垂れ流す会社でした。今回は、そのPIXAR〈ピクサー〉を支えた感動的な話が読める本の書評・感想をご紹介します。それは、「PIXAR 〈ピクサー〉 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話」という本です。
ビジネス

【書評】「イノベーションのジレンマ」に見る組織と新規事業の落し穴【要約】

今回は、クレイトン・クリステンセンの「イノベーションのジレンマ」の書評と要約になります。突然ですが皆さん、iPhoneっていつ頃から使い始めましたか?気づいたら広まっていたような気がしますよね。なぜ、日本のリーダー的な大企業がこれらのサービスをやっていないのでしょうか?今回は、「なぜ日本の大企業ではなく、スタートアップがイノベーション(技術×市場で新しい価値・事業を生み出す)を起こしているのか?」という問いに一つのヒントを与えてくれるこの本を紹介します。
ライフハック

【書評】「エフェクチュエーション」で学ぶ起業と未来創造の本質【要約】

今回は、「熟達した起業家に共通した原則」と、「起業家の行動様式から発見された世界の見方」を学べる本をご紹介します。その本とは、サラス・サラスバシーの「エフェクチュエーション 市場創造の実効理論」です。最近はユニコーン企業を増やそうとか、オープンイノベーションという言葉が声高に叫ばれていますよね。それに関連して、起業家・新規事業をいかに育てるかは喫緊の課題です。今回はこちらの本を書評・要約・感想していきます。
ビジネス

【書評】「OPENNESS(オープネス)」で学ぶ潜在問題の顕在化

突然ですが、仕事をしていると、こんな「空気」を感じることはありませんか?「上司に意見が言いづらい、相談しづらい」「ミスをしたが、怒られるから嘘をついてしまった」「経営者や部長のことが信頼できない」こういう「空気」を感じてしまうと、信頼して仕事ができず、思ったように成果を発揮できないですよね。こんな話、意外と友人から聞きますし、いわゆる「あるある」ネタじゃないでしょうか?今回は、そんな日常生活はもちろん、職場で感じる「空気」が、普段のパフォーマンスに影響することを書いた本をご紹介します。その名も、【OPENNESS 職場の「空気」が結果を決める】という本です。
ビジネス

【書評】「世界倒産図鑑」で、思い込みの脅威と決断のルールを捉える。

今回は、世界の栄華を極めた企業の倒産の理由を分析した本、【世界「倒産」図鑑】のご紹介です。「倒産」と聞くと、「経営者じゃないと関係ないかな」とか、「ビジネスにそこまで興味ないし」とか、思ってしまう方もいるかも知れません。しかし、「倒産」を「失敗」と捉え、自分が失敗しないための参考にしようとすると、「挑戦をするすべての人」に関係すると言えます。それでは、経営・ビジネスにおいても、人生の重大な場面での意思決定にも、その失敗が参考になる【世界「倒産」図鑑】を書評していきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました