書評

ビジネス

【書評】ワークマンはなぜ2倍売れたのかで学ぶ変える経営変えない経営【要約・感想】

「会社の売上を2倍に増やしてください」と言われたら、どう反応されますでしょうか。そんな無茶を可能にしたのが、ワークマンなのです。今回は、『ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか』という本を書評していこうと思います。
ビジネス

【書評】「ポストM&A戦略」で学ぶ、イノベーションの為の連携戦略【要約・感想】

今回は、M&A戦略の基本が理解できる「ポストM&A成功戦略」という本について、書評・要約していこうと思います。特にスタートアップと大企業とのオープンイノベーションにおいて、協業・CVCなどに慣れてきた会社においては、M&A戦略が重要になりますので、そこを軸に論考します。
ビジネス

【書評】「イノベーションの解」は、顧客の用事と会社資源の中にある【要約】

新規事業や社内起業家を支援している関係で、「どうやったら新規事業を生み出す仕組みを作れるのか」というお悩みごとをよく受けます。今回はそれに関して、「組織がイノベーションを起こす」ための理論を考察した、クリステンセンの「イノベーションの解」を書評・要約していこうと思います。社内で新規事業を見つけるための「アイデアの発見」、「選択の基準」を学んでみましょう。
スポンサーリンク
ビジネス

【書評】「イノベーションの理由」は「予測不可能への正当化」にあり【要約】

今回は、大企業や中小企業がいかにイノベーションを起こすことができるのか?ということを「イノベーションの理由」という本の書評を通じて、考えてみたいと思います。さて、突然ですが、皆さんの会社は新しい事業への取り組みに、積極的でしょうか?、またそれが実現できているのでしょうか?仕事でイノベーションや新規事業をサポートしていると、その取組がうまくいく・いかない組織の特徴がよく理解できますが、そのポイントは忘れられがちなのです。
ビジネス

【書評】「STARTUP STUDIO」と新たな課題解決の社会実装

今回は、STARTUP STUDIO 連続してイノベーションを生む「ハリウッド型」プロ集団という本を書評します。本書ではスタートアップスタジオを下記のように定義しています。”スタートアップスタジオとは、同時多発的に複数の企業を立ち上げる組織である。” 世界でもすでに200以上のスタートアップスタジオが欧米を中心に存在しておりまして、このスタートアップスタジオがどのように社会を変えていくのか、考えてみたいと思います。
ビジネス

【書評】「OPEN INNOVATION」で疑う会社経済の形骸化

「オープンイノベーションって自社でなんかやってたっけ?」と思う人も多いのではないでしょうか?今回はその理解を深めるために、ヘンリー・チェスブロウ氏の「OPENINNOVATION ハーバード流イノベーション戦略のすべて」を書評していきます。
ビジネス

【書評】「成功するアライアンス」で学ぶ計画と現場の実践バランス【要約】

現職では、アクセラレーターの運営だけではなく、スタートアップと中小・大企業のソーシングやアライアンスをサポートすることがあります。今回は、そのアライアンスの基礎知識の振り返りのために、「戦略策定・交渉・契約・実行がわかる 成功するアライアンス 戦略と実務」という本を書評してみます。
ビジネス

【書評】「両利きの経営」で学ぶ新規事業とイノベーションの失敗原則【感想】

今回は、私のアクセラレーターでの現場感覚に加えて、「両利きの経営」の書評を通して、新規事業を生み出す組織について考えてみたいと思います。大手企業さんのイノベーションや新規事業開発のお手伝いをしている中で、「どうやったら新規事業を作れるような組織になるんだろうか」というお悩みを多くいただきます。この悩みに対して、「両利きの経営」からは、科学的な絶対解をすぐ出すことはできませんが、失敗する組織の原則は学ぶことができます。
ビジネス

【書評】「新しい経営学」でビジネスモデルの構築の知識に種を撒け【要約】

経営コンサルタントをされている方や、実際に起業をされている方にとっては、「自社のビジネスモデルを理解して、勝てるビジネスに常に変えていく」必要がありますよね。今回は、「経営学・ビジネスモデル」とは何か、改めて一から勉強できる本、「新しい経営学」を書評・要約していきます。「新しい経営学」は、経営学とビジネスモデルというものを、楽しく、わかりやく、実践的に使えるフレームワークを授けてくれます。ぜひ「経営目線をもっと養いたい」という人は、参考にしてみてください。
未分類

【書評】PIXAR〈ピクサー〉で学ぶジョブズとレビーの中道経営【感想】

実は、PIXAR〈ピクサー〉ですが、1986年にスティーブ・ジョブズに買収されており、80年代後半は、今の姿も想像できないほどの赤字を垂れ流す会社でした。今回は、そのPIXAR〈ピクサー〉を支えた感動的な話が読める本の書評・感想をご紹介します。それは、「PIXAR 〈ピクサー〉 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話」という本です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました