年利5%も儲かる?ソーシャルレンディングを分析して、運用した結果

スポンサーリンク

年利5%も儲かる?ソーシャルレンディングを分析して、運用した結果

こんにちは、外資系セールスから転職→現在はベンチャー企業にてアクセラレーターを運用しているItaru(@ItaruTomita9779)です。

今回は、「投資先」についての考え方についてのお話です。

さて、突然ですが余剰資金で折角投資をするなら、儲かる、かつ社会貢献性の高い投資をしてみませんか?

今回は、年利5%も儲かると言われている、ソーシャルレンディングについて、分析し運用した結果をご報告してみようと思います。

ソーシャルレンディングでは、社会や人の為になる可能性の高い投資先に対して、リスクを減らしながら、高い年利を取得する投資ができるものになっています。

他方で、その利益を得るためには、注意点もありますので、実体験をベースに、ソーシャルレンディングを一緒に考えてみてみましょう。

スポンサーリンク

少額で平均年利5%!ソーシャルレンディングのススメ

ソーシャルレンディングとは、「各投資家から小口出資を集めて、一つの案件へ投資を行うこと」です。

(出典:クラウドバンクホームページ クラウドバンク

投資先の案件には、高利回りのモノが多く、また社会貢献性の高いモノも多く存在します。

従来、高利回りの案件は、大口出資をしないことには参加できないことがあったそうです。

ネットの普及した現在、ソーシャルレンディングによってそうした案件へ個人がアクセスできる様になったのですね。

社会貢献性の高い投資の例①:太陽光発電

太陽光発電は、CO2の排出が少なく、地球温暖化対策としては人類が取り組むべき投資だといえます。

従来は太陽光発電に個人で投資するのは、難しかったのですが、ソーシャルレンディングであれば、ファンド側も投資する側も、このように間口が広がってWIN-WINなわけです。

小口で多くの出資を集めることで、太陽光発電のような大型案件に投資することができるのです。

社会貢献性の高い投資の例②:マイクロファイナンス

(出典:クラウドクレジット https://crowdcredit.jp/info/detail/208)

マイクロファイナンスは、途上国の貧困者に対する出資で、少額を事業の資金にしてもらうことで、自立を支援します。

バングラデシュのグラミン銀行が始めたものです。

新聞でも取り上げられるくらいには有効な貧困削減の手段として用いられています。

(http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20080924/171523/)

こちらの画像のものはクラウドクレジットさんが1月から始めた案件で、ペルーの人を対象にしているようです。

利回りは低いのですが、貸付先親会社の100%債務保証がついているそうです。

利回りが平均5%と高いのはいいけど、リスクは大丈夫?

このような社会貢献性×5%以上の高利回り、「そんなうまい話があるわけない、怖くない?」と思う方もいると思います。

先程見ていただいた、太陽光の案件は利回りが7%でしたね。

100万円で1年間運用するだけで、理論上は7万円も儲かってしまうことになります。

他方で、ソーシャルレンディングはその利回りの高さ故に、リスクも中程度あると認識すべきです。

例えば、投資先が途上国である場合は、何らかの政情不安や金融危機によるリスクによって、送金が止まったり、資金回収ができないケースがあるでしょう。

なので、投資する際には、担保有り・保証ありなどの案件や、案件の投資の説明がしっかりしているものを選ぶことが大切ですね。

ソーシャルレンディングはミドルリスク・ミドルリターンの投資商品なのです。

おすすめソーシャルレンディング:クラウドバンク

ソーシャルレンディングができる投資サイトはたくさんあります。

初めてやられる方は迷われるかと思われますので、先程も引用した私のおすすめのクラウドバンクを紹介します。


クラウドバンクは借り入れ期間が短いので、投資資金がすぐ戻ってくるので、安心感があります。

その他のソーシャルレンディングのサイトだと、1年間ほど資金が拘束されて、リスクが高い他方で、クラウドバンクでは、3ヶ月単位の案件も多いんです。

私は、投資期間の短い案件に分散投資を多く行っています。

下の画像は私の資金の運用の結果ですが、平均利回りは6.7%と、平均5%を大きく超えた成果を出してもらっています。

(500,000万からスタートしまして、17,000円程の不労所得が儲かっています。)

担保ありのもので、期間さえ短いものを分散して選んでおけば、何かあったときでも安心ですよね。

しかも、平均5%超えで、社会的にも意義があります。

みなさんも、これを機に、お金を増やすことにプラスして、社会的に意義を持った投資にも目を向けてみてはいかがでしょうか?

→クラウドバンクに登録してみる。

ソーシャルレンディングの比較と注意点が見れるサイトについて

ソーシャルレンディングの中で、クラウドバンクをおすすめしましたが、他のサイトも検討してみたいという方に以下のサイトをおすすめします。

クラウドポートによるソーシャルレンディングサイトの比較

ソーシャルレンディングの比較サイトです。たくさんあるサイトの中から選ぶのが難しいと感じられた時はぜひ訪れてみてください。

(https://www.crowdport.jp/)

クラウドポートによるソーシャルレンディングの注意点

ソーシャルレンディングの注意点をまとめている記事です。ソーシャルレンディングを始める前に読んでみましょう。

(https://www.crowdport.jp/news/1292/#i-3)

コメント

タイトルとURLをコピーしました