ビジネス

ビジネス

【書評】ワークマンはなぜ2倍売れたのかで学ぶ変える経営変えない経営【要約・感想】

「会社の売上を2倍に増やしてください」と言われたら、どう反応されますでしょうか。そんな無茶を可能にしたのが、ワークマンなのです。今回は、『ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか』という本を書評していこうと思います。
ビジネス

失敗事例から学ぶ、顧客ペインを探る為のユーザーインタビュー【スタートアップ】

スタートアップのシード期や社内起業の仮説検証のタイミングを支援していると、「顧客・ユーザーインタビュー」の方法がわからないという悩みのご相談が多いのです。今回は、ユーザーインタビューの失敗事例から、ペインを深堀りできるインタビューのコツをお伝えします。
ビジネス

【書評】「ポストM&A戦略」で学ぶ、イノベーションの為の連携戦略【要約・感想】

今回は、M&A戦略の基本が理解できる「ポストM&A成功戦略」という本について、書評・要約していこうと思います。特にスタートアップと大企業とのオープンイノベーションにおいて、協業・CVCなどに慣れてきた会社においては、M&A戦略が重要になりますので、そこを軸に論考します。
スポンサーリンク
ビジネス

【書評】「イノベーションの解」は、顧客の用事と会社資源の中にある【要約】

新規事業や社内起業家を支援している関係で、「どうやったら新規事業を生み出す仕組みを作れるのか」というお悩みごとをよく受けます。今回はそれに関して、「組織がイノベーションを起こす」ための理論を考察した、クリステンセンの「イノベーションの解」を書評・要約していこうと思います。社内で新規事業を見つけるための「アイデアの発見」、「選択の基準」を学んでみましょう。
ビジネス

【書評】「イノベーションの理由」は「予測不可能への正当化」にあり【要約】

今回は、大企業や中小企業がいかにイノベーションを起こすことができるのか?ということを「イノベーションの理由」という本の書評を通じて、考えてみたいと思います。さて、突然ですが、皆さんの会社は新しい事業への取り組みに、積極的でしょうか?、またそれが実現できているのでしょうか?仕事でイノベーションや新規事業をサポートしていると、その取組がうまくいく・いかない組織の特徴がよく理解できますが、そのポイントは忘れられがちなのです。
ビジネス

【書評】「STARTUP STUDIO」と新たな課題解決の社会実装

今回は、STARTUP STUDIO 連続してイノベーションを生む「ハリウッド型」プロ集団という本を書評します。本書ではスタートアップスタジオを下記のように定義しています。”スタートアップスタジオとは、同時多発的に複数の企業を立ち上げる組織である。” 世界でもすでに200以上のスタートアップスタジオが欧米を中心に存在しておりまして、このスタートアップスタジオがどのように社会を変えていくのか、考えてみたいと思います。
ビジネス

【書評】「OPEN INNOVATION」で疑う会社経済の形骸化

「オープンイノベーションって自社でなんかやってたっけ?」と思う人も多いのではないでしょうか?今回はその理解を深めるために、ヘンリー・チェスブロウ氏の「OPENINNOVATION ハーバード流イノベーション戦略のすべて」を書評していきます。
ソーシャル

【ソーシャルビジネス】PeaceTechとは?平和のXtechを解説!

いわゆるXtech(クロステック)、テクノロジー✕〇〇においては、様々な領域がありますが、実は平和✕テクノロジーの「PeaceTech」という領域も存在します。わかりやすく言うと、ソーシャルビジネス✕テクノロジーなわけですが、今回はPeaceTechとは何か、事例を交えてご紹介します。
ビジネス

【実体験】顧客課題を知る為のスタートアップセールスの考え方・方法【営業】

今回は、営業経験のない、起業家やスタートアップ、新規事業担当者向けに、スタートアップにおけるセールス・営業の考え方・方法について、整理してみました。スタートアップや新規事業を支援している中で、普通の会社と違い人材不足で、営業経験のないCEOが営業をしなければならないケースがあります。例えば、顧客の課題を発見して、それに対して自分のアイデアを具現化したプロダクトをぶつけて、そして売る、という流れに、特にバックオフィス系の人や研究系の人は苦労します。
ソーシャル

【保存版】社会的インパクトを担う「ソーシャルビジネスモデル事典」

こちらの記事では、ソーシャルビジネスのビジネスモデルを構築する際に気をつける3つポイントと、実際のビジネスモデルの4つの分類を「ソーシャルビジネスモデル事典」として一挙にご紹介します。最近はSDGs経営や社会起業を志す方が増えていると感じますし、そういった起業のご相談のケースも多く存在します。資本主義のルールの中で、社会的なインパクトを出す場合には、活動の資金を充足するソーシャルビジネスを考えるのは大事な視点です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました